WordPressにおすすめレンタルサーバー比較!

SANGOのショートコードをAddQuicktagに登録して文字装飾する

SANGOのショートコードをAddQuicktagに登録して文字装飾する

ブログを書いたら、文字色を変えたり文字装飾しますよね。

文字装飾は、読み飛ばし対策なんです。

自分で書いた記事はちゃんと読みますけど、他人が書いた記事って意外と読み飛ばしませんか?

ましてや、調べものだったら、とにかく答えを知りたいんですからね。

 

代表的なショートコードは吹き出し

文字装飾だけでなく、吹き出しにすることも多くなってますね。

吹き出しって、ショートコードにしていることが多いんです。

SANGOにも吹き出しのショートコードがあります。

とっても便利なんだけど、これをつかったらSANGOをやめられません。

踏み絵みたいなものかな?(冗談です)

 

ショートコードを変更するのは大変!

ショートコードを変更するのは大変なのでテーマを変えてはいけません。

多くのテーマに吹き出しのショートコードがあります。

でも、使い続けると決めたテーマのショートコード使いましょう!

もしくは、自分で設定したショートコードを使いましょう!

 

吹き出しのショートコーは公開されてます

吹き出しのショートコードを公開してくれているブログがあります。

いま使っているテーマでは問題なくても、次に使うテーマで問題がないとも限りません。

そういうことを考えると、有料テーマにしちゃったほうがいいかも?

 

1万円の有料テーマは安い?

SANGOを購入するのに1万円支払ったとしても、この先何年も使うとしたら高くないと思いませんか?

SANGOのショートコードを使うと作業効率が良くなります。

1万円は安くないけど、時給1000円としたら10時間分です。

つまり、10時間分の作業効率アップで元が取れるんです。

 

テーマを使ってカスタマイズしてハマる

無料テーマを使ってカスタマイズしていたら、ハマっちゃうことってあります。

気が付いたら4~5時間かかってたなんて普通にあります。

1万円の有料テーマにすると、カスタマイズする時間が減ります。