複数のテーマで同じ吹き出しを使うためAddQuicktagに登録する

ショートコードを使うとテーマが変えられない

SANGOのショートコードは便利です。

だけど、このブログでもショートコードは使っていません。

もしも、テーマを変更することになったら面倒だからです。

SANGOとLuxeritasとCocoonを使っているのはリスクを分散のためです。

 

SANGOとLuxeritasとCocoonを使ってる

リスクを分散のため、SANGOとLuxeritasとCocoonを使ってるんです。

だから、SANGOのショートコードは使いません。

代わりにAddQuicktagに吹き出しを登録しました。

 

AddQuicktagが使えなくても大丈夫

吹き出しのほか、ボタンや箇条書きもAddQuicktagに登録しました。

もしも、AddQuicktagが使えなくなっても大丈夫です。

AddQuicktagで記述したタグが使えなくなったり、動かなくなったりすることはありません。

これが、AddQuicktagを安心して使える理由です。

 

文字装飾は3点だけにする

あと、文字装飾は太字、赤太字、太字の背景が黄色のマーカーの3点だけに減らしました。

文字装飾しすぎると見にくいってことなんです。

服装のコーディネートと同じく3色(3種類)で十分なんです。

番号付きの箇条書きと、番号なしの箇条書きがあれば文字装飾は3種類で十分です。

 

有料テーマのSANGOは長く使える

SANGOは有料テーマなので、長く使えると思います。

無料テーマでも長く使えますが、個人で運営していると更新が停止する可能性もあります。

無料なら、いつやめても文句はいえません。

 

無料ブログサービスも終了

無料ブログサービスも中止、終了になっています。

有料でもサービスが終了することはあります。

けど、無料だと終了が決まってから知ることになります。

ブログの記事はエクスポートできると思います。

 

ドメインが変わると意味がない

だけど、ドメインが変わってしまいます。

ドメインが変わってしまうと、アクセスが激減します。

もしかすると、ほとんどアクセスがないかもしれません。

 

万が一に備えてバックアップも重要

もしも、トラブルがあってブログが飛んじゃったら、ドメインが残っても意味はありません。

ドメインを取得していて、記事のバックアップがあれば、何とかなります。

というか、バックアップがないとアウト!ってこともあります。

コメントを残す