WordPressにおすすめレンタルサーバー比較!

ClassicPressでマークダウン記法で下書きすることにしました

Simplenoteで下書きするのがベストかもしれない

現状では、Simplenoteで下書きするのがベストかもしれません。

だけど、ワードプレスの旧エディタが使えなくなるかも?

っていうか、早ければ、あと1年で使えなくなるんです。

なので、マークダウン記法で下書きすることにしました。

しかも、ワードプレスの旧バージョンであるClassicPressで下書きします。

 

ClassicPressは、

ワードプレスの旧バージョン

って知ってました?

 

下書き専用のワードプレス

下書き専用のワードプレスというか、下書き専用のClassicPressです。

レンタルサーバーはmixhostなので、無制限にワードプレスが作成できちゃうんです。

でも、やりすぎると、フィジカルなんとかっていうメモリーが高くなんです。

 

フィジカルなんとかが90%にもなる

重いプラグインをすべてやめたら、5%もないくらいになってます。

一番高かったときは、プラグインでバックアップしまくってったんです。

便利なんだけど、メモリーを食うんです。

 

新エディタでは文字数が分からない?!

ここまで下書きして、何文字くらいだろう?と確認したんだけど分からない。

ググッてみたら、新エディタでは文字数が分からないと書いてある。

これじゃ、ワードプレスで書く意味がないんです。

 

文字数をカウントするプラグインを使う

文字数をカウントするプラグインをインストールしました。

だけど、どこに文字数が表示されてるか分からない。

設定を確認してみるも、英語だからチンプンカンプン。

なので、プラグインをあきらめました。

 

文字数が分かるという人がいた!

さらにググッてみると、文字数が分かるという人がいました。

左上の逆さまになったビックリマークみたいのを押せばいいらしい。

けど、そんなのないんです。

パソコン表示にしてみたら、ありました!

 

新エディタって未完成なんじゃないの?

新エディタを始めたときに、フリック入力を覚えたんです。

実際やってみると、意外に簡単だったんです。

すぐにフリック入力しても変わらないくらいになりました。

元々遅いだけなんですけどね。

 

新エディタでは、マークダウン記法が使える

新エディタでは、マークダウン記法が使えるんです。

それで、外堀を埋める感じでマークダウン記法を試すことにしした。

ワードプレスの旧バージョンであるClassicPressでマークダウン記法で下書きします。

プラグインを使えば、ClassicPressでマークダウン記法が使えるんす。