Jetpack、WP Statistics、アクセス解析研究所のPV数が違い過ぎる!

プラグインのアクセス解析を使ってます

WP StatisticsJetpackの「サイト統計情報」を使ってます。

だけど、PV数というかアクセス数が全然違うんです。

それで、無料のアクセス解析研究所も使ってみています。

アクセス解析研究所はタグを貼るだけでレンタルサーバーに負荷がかかりません。

だけど、Jetpack、WP Statistics、アクセス解析研究所のアクセス数が違い過ぎて、正解が分からなくなってしまいました

 

Google Analyticsを正解とする

仕方ないので、Google Analyticsを正解とすることにしました。

今見てるんだけど、点線がユーザー数?実線がアクセス数?と思ったんです。

だけど、点線の方が多いときもあるんです。

これって、どういうこと?と悩んでるんです。

 

Google Analyticsが使いこなせない

そもそも、Google Analyticsだけでいいんです。

だけど、使い方が分からないので、JetpackWP Statisticsアクセス解析研究所を使うことになったんです。

今も、WP Statisticsでは、オンラインユーザーが1人いるんです

Google Analyticsのリアルタイムでは、0なんです

こうなると、WP Statisticsのオンラインユーザーって何なの?ってことになります。

 

WPPの「今人気」でアクセスを確認

WordPress Popular Posts (WPP)で人気記事を表示しています。

プラグインのWPPを使うと、ワードプレスのダッシュボードに、「今人気」でアクセスのあったページが表示されるんです。

これも、アクセスがあったことを知る手段になってるんです。

けど、リアルタイムでないこともあって、Jetpack、WP Statisticsでは確認できなかったりします。

 

Google Analyticsの「ユーザー サマリー」

Google Analyticsは、ユーザー サマリーを見ればいいんですね

見るところを間違えていました。

デフォルトのユーザー サマリーだと、ユーザー数なんですね。

 

Site Kit by Googleを使う

もう、どうしようもないので、Google Analyticsの数字が確認できるプラグインのSite Kit by Googleにします。

Site Kit by Googleを使えば簡単にワードプレスとGoogle Analyticsが連携できます

頑張ってGoogle Analyticsの数字を確認することにします。

WP Statisticsとアクセス解析研究所はやめます。

Jetpackは使うけど、サイト統計情報は無効にします。

コメントを残す