PHP Code Snippetを使えば、簡単にタグ一覧ページを作成できる

固定ページにタグ一覧を作成した

ワードプレスでは、投稿記事と固定ページではPHPが使えません

PHP Code Snippetを使って、PHPをショートコードとして固定ページに挿入しました

タグクラウドを表示する | WP MEMOのwp_tag_cloud関数を使わせてもらいました。

 

タグのページは、noindexになってる

タグのページは、ワードプレステーマのSANGOではnoindexになっています。

ほとんどのテーマでタグのページは、noindexになっています

だから、タグ一覧ページは必要ないかもしれません。

 

固定ページでタグ一覧ページを作成

でも、サイドバーにウィジェットでタグクラウドをするより、固定ページでタグ一覧ページを作成したほうがいいと思ったんです。

タグのページはnoindexですが、タグ一覧ページはnoindexではありません

タグ一覧ページは、固定ページで作成しているため、サイトマップに含まれます。

 

サイトマップにタグのページを追加

検索エンジン用のsitemap.xmlにタグ一覧ページが追加されています。

PS Auto Sitemapで作成したHTMLサイトマップにもタグ一覧ページが追加されています。

記事が多くなっても、インデックスが遅れにくいと思うんです。

 

Exec-PHPは使ってはいけない

以前は、Exec-PHPというプラグインを使ったんです。

投稿ページと固定ページでPHPが使えるようになるプラグインです。

今では、Exec-PHPを使っている人はいない

 

脆弱にしちゃうプラグイン

Exec-PHPのほうが簡単だし、便利だったんだけど、脆弱性があるので使えなくなってるみたい。

脆弱性があるんじゃなくて、脆弱にしちゃうプラグインみたいなんです。

投稿ページや固定ページでPHPが使えることが脆弱ってことみたいです。

 

PHPをショートコードにして使う

プラグインのPHP Code Snippetは、PHPを登録してショートコードとして、固定ページに貼っています。

つまり、固定ページでPHPが使えないままなんです

だから、使っていいプラグインなんです。

 

ショートコードを使ったことがない

ショートコードなんて使ったことがない。

けれど、タグクラウドを表示する | WP MEMOのwp_tag_cloud関数を登録すればいいんです。

表示されたショートコードを固定ページにコピペすればいいんです。

 

日本語化しなくていい

Insert PHP Code Snippet:PHPコードをショートコード化できるがわかりやすいと思います。

日本語化していませんが、英語のままでも大丈夫でした。

Add New PHP Code Snippet」をクリックして、wp_tag_cloud関数を登録すればいいだけです。

 

関連記事

コメントを残す