『Ususu blog』は、快適にWordPressが使えるレンタルサーバーの比較やレビューのブログです。

有料テーマのSANGOで内部リンクのブログカードを表示する方法

SANGOでブログカードを表示

本当は、ショートコードを使いたくなかったんです。

LuxeritasとCocoonも使っているので同じ方法にしたかったんです。

本当は、AddQuicktagに登録したかったんです。

でも、あきらめて、SANGOのショートコードを使うことにしました。

 

[kanren id="投稿ID"] を使ってます。

投稿IDじゃなくて、URLがいいんだけど!

 

SANGOのブログカードのショートコード

 

[kanren id="投稿ID"]  横長

[card id="投稿ID"]  カードタイプ

[card2 id="投稿ID"]  別スタイル

 

Luxeritasでブログカードを表示

無料テーマのLuxeritasは、「カスタマイズ(外観)」「ブログカード」の「ブログカード有効化」にチェックいれるだけなんです。

直書きの URL をブログカード化する」にチェックを入れれば、直書きの URL でいいんです。

 

Cocoonではブログカードを表示してない

Cocoonは、とっても評判がいいので使ってみることにしました。

けど、ほとんど初心者レベルです。

Cocoonのカスタマイズの記事はアクセスがあります。

ちょっとした記事でもアクセスがあるのは、利用者が多いからです。

想像だけど、意外と苦戦してる人が多いんじゃないかな?

 

デフォルトの横長のブログカード

どのタイプでもいいんだけど、デフォルトにしました。

[kanren id="投稿ID"]

ちなみに、Luxeritasのブログカードデフォルトです。

っていうか、選択の余地はないと思う。

 

CocoonではURLを直書するだけ

Cocoonでは、URLを直書するだけでブログカードが表示されるみたい。

テーマに関係なく、URLを直書すればいいんだと思ったんです。

けど、そんなテーマは、Cocoonだけでした。

 

URLを直書すればブログカードが表示される

URLをコピペすればブログカードが表示されるのって、ワードプレスの機能なんです。

だから、CSSを追記するだけじゃないの?

と今でも思っていますが、気にしないことにしました。

コメントを残す