WordPressテーマのSANGOで目次をプラグインなしで設置しました

目次をプラグインなしで設置する

WordPressテーマのSANGOなら、目次プラグイン「TOC+」の設定方法の通りにすれば簡単に間違いなく目次が設置できます

だけど、WordPressテーマのLuxeritasなら、プラグインなしで目次を設置できます

しかも、「カスタマイズ(外観)」「目次」でチェックを入れるだけです。

 

Table Of Contents Plusを削除する

WordPressテーマのSANGOは「Table Of Contents Plus」というプラグインを使っていましたがやめました。

【プラグイン不要】functions.phpで目次を追加するを子テーマのfunctions.phpにコピペしました。

functions.phpをいじることは、リスクがあります。

自己責任でおねがいしますね。

 

目次が閉じなくてもいい

ただ、25行目の<button class=”index__button”>閉じる</button>を削除しています。

それは、目次が閉じなかったからです。

個人的には、目次が閉じなくてもいいので削除で対応しました。

 

SANGOらしくない目次

SANGOらしくない目次な気がします。

けど、SANGOらしくなくてもいいことにしました。

目次の表示がさみしいので、とりあえず<b>目次</b>で太字にした。

 

H2がないと目次が表示されない

このカスタマイズでは、H2から使わないと目次が表示されません

個人的には、H2とH3しか使っていませんが、H6まで対応しているようです。

 

目次をJavaScriptからPHPに変更したことで、JavaScriptがオフの環境でも目次が表示されるようになりました。

とありますが、目次が閉じないのと関係があるのかはわかりません。

 

でも、デフォルトに近いWordPressテーマのSANGOなら、子テーマのfunctions.phpにコピペするだけで目次が表示されると思います

コメントを残す