WordPressテーマのSANGOと子テーマのPORIPUで使ってるプラグイン一覧

WordPressテーマのSANGOを使ってます

有料のWordPressテーマのSANGOを使っているってことは、本気ってことです。

無料でも高機能で高速なテーマがありますが、有料のテーマのほうが安心です。

有料のテーマのSANGOは、プラグインの更新のように自動で更新しました。

 

子テーマのPORIPUも使っています

PORIPUは、公認の子テーマなんです。つまり、SANGOとPORIPUを使ってるんです、

公認子テーマのPORIPUはカスタマイズ済みなんです。だけど、有料です。

 
有料子テーマのPORIPUを使っているということは、本気の本気です。




SANGOとPORIPUのブログで使ってるプラグイン一覧

  1. AddQuicktag ※
  2. Aurora Heatmap
  3. Avatar Manager
  4. Broken Link Checker
  5. Classic Editor ※
  6. Contact Form 7
  7. Edit Author Slug ※
  8. EWWW Image Optimizer
  9. Google XML Sitemaps
  10. PS Auto Sitemap
  11. Table of Contents Plus
  12. UpdraftPlus
  13. WebSub/PubSubHubbub
  14. WordPress Ping Optimizer ※
  15. WP-Optimize
  16. WordPress Popular Posts
  17. WP Multibyte Patch
  18. Widget Logic ※

※以外は、必須プラグインです。

おすすめのプラグインの説明

AddQuicktagは、SANGOのショートコードを簡単に挿入するために使っています。SANGOカスタマイズガイドにSANGO用のAddQuicktagが用意されていて、インポートできます。

Contact Form 7を使っているのは、reCAPTCHA v3を導入できるからです。ただ、問い合せフォームのページだけでなく、ブログ全体がreCAPTCHA v3になります。

Edit Author Slugは、ドメイン/author/×××/の×××の部分を自由に変えることができる。投稿者スラッグを隠すことができます。

PS Auto SitemapでHTMLサイトマップを作成していますが、noindex設定にすると、カバレッジで問題が検出されたとメールがくるんです。なので、noindexをやめました。

WordPress Popular Postsは、重いとされるプラグインです。SANGOでは、プラグインなしで人気記事ランキングが表示できます。

だけど、PORIPUを使うと、WordPress Popular Postsを有効にするだけでいいんです。
PORIPUを使っているのは、カテゴリ別の人気記事ランキングを表示するためなので、WordPress Popular Postsを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です