SEO対策としては、ブログ記事の文字数は多ければ多いほどいい!

ブログの記事は何文字がいいのだろうか?

そんな疑問を持って記事を書いている人は多いと思います。

少なくとも1000文字は書くようにしています

ブログの文字数は多ければ多いほどいいのうだろうか?

 

という疑問は残ったままです。

 

1000文字くらいは書くようにしています

正確の情報なのか分かりませんが、1000文字以上は書くようにしています。

1500文字くらい書くこともあるけど、1000文字が厳しいこともあります。

そんなときは、無理矢理1000文字以上にはしません

 

タイトルと記事の内容にズレてはダメ!

無理矢理文字数を増やすと、タイトルと記事の内容にズレが出てくるんです。

同じようなことを繰り返し書いていて、投稿前に削除することがありました。

そんなときは、800文字でもいいことにしています




文字数が多くて不利になることはない

文字数が多い記事が不利になることはありません。

だから、できるだけ文字数を多くしたほうがSEO対策になるんです。

1000文字でいいとしても、無理しないで自然に2000文字書けるのであれば、2000文字のほうが上位表示される可能性が高くなるんです。

 

文字数が多いほど網羅性がある

文字数が少ない記事と多い記事を比べたら、文字数が多い記事のほうが網羅性があるんです。

ライバルのブログより網羅性を高くするには、どうしても文字数が多くなるんです。

 

網羅性だけでなく、独自性です

SEO対策は網羅性も大事ですが、独自性も必要なんです。

独自性というと、ユニークな記事を書かないといけないと思いがちですが、そうではないんです。
独自性が高いというのは、ライバルサイトにない内容があるってこと なんです。

ライバルより文字数が多いほうが有利になる

ライバルのブログが追記して文字数を増やしたら、文字数を増やす必要があります

これを繰り返していると、どこまでも文字数が増えていきます。

キーワードによっては、信じられないくらい文字数が多いことがあります。

 

めっちゃ記事が長いことが多い

検索してブログを読むときに、めっちゃ記事が長いことがあります。

特にスマホだと、どんだけ長いんだよ!ってことがあります。

しかも、だんだん多くなっているんです。

 

文字数が多くなってるので、目次を設置する

だから、目次が必須なんです

目次で読みたい記事に飛ぶ人が多いんです。

目次があれば、記事が長くても、読みたい記事が見つかります。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です