WordPress無料テーマのCocoonは、最初から使えば良さが分かります

最初からCocoonを使おう!

何度もCocoonを使ってみたんです。

同じ無料テーマのLuxeritasをCocoonに変更したんです。

だけど、いつもLuxeritasに戻しちゃってたんです。

今回は、新サイトで無料テーマのCocoonを使うことにしました

そうしたら、Cocoonの良さがわかってきました

 

初心者だとLuxeritasが使いやすい

初心者だと、CocoonよりLuxeritasのほうが使いやすいんです。

Luxeritasは、デフォルトのままで使うことができるんです。

Cocoonは少しだけど、設定を変えたほうがいいんです。

 

新サイトなら、急ぐ必要はない

新サイトでCocoonを使えば、とりあえず何の設定も変えなくてもいいんです

ドメインは決めたけど、ほとんど決まってないんです。

だから、慌てる必要はないんです。

 

Cocoon 設定を変更したところ

今のところ、「Cocoon 設定」でスキンを変更しています

「Cocoon 設定」の「アクセス解析・認証」でGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleを設定しました

「Cocoon 設定」の「管理者画面」で「管理者パネルの表示」を表示しないにしました。

「Cocoon 設定」の「エディター」の「Gutenbergエディターを有効にする」のチェックを外しています

 

あとは、今まで使っているプラグインをインストールして有効にしています。

  • AddQuicktag
  • Insert PHP Code Snippet
  • Jetpack by WordPress.com
  • LiteSpeed Cache
  • reCAPTCHA Jetpack
  • Site Kit by Google
  • Throws SPAM Away
  • UpdraftPlus
  • WP-Optimize

 

使っているプラグインの説明

Insert PHP Code Snippetは、HTMLサイトマップに使っています。

reCAPTCHA Jetpackは、Jetpackで作成した問い合せフォームをreCAPTCHA v3に対応しています。l

Site Kit by Googleは、ワードプレスの管理画面でGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleが見れます。

mixhostは、自動バックアップしてるけど、UpdraftPlusを使っています。

Throws SPAM Awayで英語だけのコメントはスルーしています。

コメントを残す