YARPPのカスタムテンプレートで文字化けしていた理由がわかりました

カスタムテンプレートで文字化け

関連記事プラグインのYARPPのカスタムテンプレートで文字化けしてたんです。

でも、プラグインのYARPPだからではなかったんです。

ワードプレスはUTF-8なのに、文字コードがShift_JISになっていたんです。

 

TeraPadでUTF-8で保存し直す

やったことは、TeraPadでUTF-8で保存し直しただけです。

そして、FTPでアップして上書きしたんです。

UTF-8でもShift_JISでも、日本語以外は問題ないんですね。

 

Shift_JISになっていた

つまり、ワードプレステーマで日本語が文字化けしたら、UTF-8で保存し直せばいいんです、

文字コードは書いてないけど、日本語が文字化けするってことは、UTF-8でないってことです。

恐らく、Shift_JISになっていて文字化けしてたんです。

 

YARPPのカスタムテンプレート

ワードプレステーマもダウンロードして使う場合、文字コードがUTF-8になっています。

だけど、今回は、プラグインのYet Another Related Posts Pluginのカスタムテンプレートだったんです。

公開されているものをコピペして保存したんです。

 

メモ帳にコピペして保存

このとき、なんらかの理由で、文字コードがShift_JISだったんです。

文字化けしてるので、文字コードが違うんじゃないかと思ったんです。

でも、文字コードが指定されてなかったんです。

 

TeraPadで保存すればよかった

それで、文字コードの問題じゃないと判断しちゃったんです。

シンプルなテキストエディタのTeraPadをダウンロードしていて使えたんです。

だけど、メモ帳にコピペして保存した気がします

 

TeraPadでUTF-8で保存する

メモ帳でなく、テキストエディタのTeraPadにコピペすればよかったんだと思います。

結論は、

テンプレートの編集や保存にはメモ帳でなくTeraPadを使う

日本語が文字化けしたら、テンプレートをUTF-8で保存し直す

 

初心者なら、分からないよね

きっと、みんな知ってる!んだと思います。

でも、ブログを始めて半年だから、気が付きませんでした。

きっと、初心者なら、分からなく当然ですよね。

コメントを残す